ハロウィンと同じくなんだかノリで日本に浸透してるバレンタイン。
会社でも協賛を募って男性社員にチョコを贈るとメールが届きました。お局さまからのメール、後輩たちは断れないし、女性社員少ないから負担大きいし、お返しないし、でツッコミどころ満載です。
私は今までもこれからも本社のバレンタインには乗っかりませんと意思表明。
大阪の男性社員は三人だし、チロルチョコくらいはあげようか、と営業さんと小さいのを贈りました。

我が家は天天が毎年友チョコや本命?チョコをもらいます。今回はムーミンのも…これは絶対私宛てのはず!
そして旦那は今年も私と娘に?私に?お花を買ってきてくれました。
そうよ、そう、バレンタインは女性がもらうという本来の習慣にすべき。
友チョコとか義理とか、そんなんいらんわ、ややこしい!
娘も何年かしたら、手作りチョコとかを作ってあげたりするのだろうか。きっとちょっと気になってる子にまで何人かに本命をあげちゃって純粋な男子達を翻弄しちゃうに違いない。

アリかナシかで言うと「ナシ」でもそれで片付かないことが、社会にはたくさんあると思う。そこでどう動くかが、その人物をもろに表していて興味深い。
会社にも「ないわー」ってのが日常茶飯事で「ナシ」だから逃げれるわけもなく、体面保って「ないけどしゃーねーか」って反抗してる自分の中のちっちゃな強い意志を抑えつけてみる。淡い見返りを期待して。
さすがに日本で育って協調性を学んだ自分は、チームの中でも目立たず成果をあげる術を身につけたけど、人のペースを荒らすワンマンヤローが絡むと、やっぱり個人プレーヤーでいたいと強く思う。

在宅の最強オヤツ。

自分の中の「ナシ」を「アリ」にはできないのだけど、柔軟に受け止めて「ナシ」の根拠を示して理解してもらう…なんて期待せずグレーのままで犠牲を被る方が健康的に感じるなんて、なんて会社だ。
自分より上のポジションの人たちを尊敬するのは、そんな中でどうにか体面を保つどころか、上に可愛がられ、仕事もしてキャリアアップしているという点。人間性なのか、はたまた幸運の持ち主なのか、観察を続けてロールモデルを探したいと思います。

よく喋る天天、最近はパパとゼルダ(ゲーム)に夢中。大きくなるにつれて会話が減ると予想してますが、まだまだ学校の事やお友達のことを話してくれます。
でもある日何も話さない日があって、私も旦那もその理由が気になって仕方がなく…でも本人は何もないと。
天天の表情や一言一句に神経を張り詰め読み取ろうとしたけど、結局わからず。なんともいえないモヤモヤが私を覆いました。学校での出来事を知る術もなく、何に落ち込み、何に悩んでるのか。
連日のいじめニュース、果たして私は子供の無言のSOSに気づくのか散々考えさせられます。

洗濯の畳み方が本にのっていたので実践する天天。夕食後の食器洗いを続けてる天天、まだまだ親の言うことも文句を言いながらも聞いてくれて、私にとってはパーフェクト。
まだ隣で眠らせてくれるうちは、悩みがあってもママにこそっと相談してくれるかな?天天の心の成長をママは寛大に受け止めて、落ち着いていられるのかな。

節分近くなるとスーパーには節分豆がズラリと並んで、当日は余るほどの恵方巻き。
今年うちは鬼は封印したので豆まきはせず、豆も買いません。でも海苔巻きは食べたいよね、となり今年は恵方巻きを買わず自分で巻き巻きしました。

私はタットリタンとキンパに。娘もごま油風味のご飯で巻くキンパを好んで食べました。
旦那と天斗は酢飯にサーモンを入れた巻き寿司を。好みが分かれます。
さて、今中国は絶賛春節休暇中。
義兄一家はオーストラリアで休暇を過ごしているようです。
我が家は普通の夕飯を。大連のパパへみんなで過年好!
そういやしばらく餃子の(皮から)手作りしてないなぁ…

今月から半年は土曜日もお休みになる旦那、休日は旦那さんがご飯担当なので、私はるんるん。この半年、月曜から土曜まで週6日頑張ったよ自分!

土曜日のランチ。
中国では刀魚と言います。スーパーで新鮮なのを見つけたらしく。
よく大連でも売られていて煮魚にしたり焼いたりよくお義母さんが作ってくれました。
美味しいけど食べにくいのが難点。子供たちは自分のお箸で取るのは難しいです。
粕汁は、最近旦那が毎週作ってくれます。クセがあるかな?と思ってたけど、具沢山で思いのほか子供たちはよく食べてくれます。
作り方さえ調べた事ない粕汁…確かおばあちゃんの家で遠い昔に食べた記憶が。
まさか旦那に作ってもらうとは!身体があったまるし美味しいので、冬は旦那の定番料理になりそう。

娘の保育園は節分のイベントに力が入っていて、なまはげ並みの鬼がやって来て閻魔庁まで持参。子供達は自分達の名前が書かれないよう「いい子にする」と鬼に約束しなければいけません。
案の定、娘は2月になるのをビクビクしながら、それこそ年末からカレンダーを見ては鬼を思い出していました。
そして1月最終週、時々夜中に泣き出したり腹痛を訴える娘。月曜日もお腹痛いから保育園には行きたくないと。

私も幼少期から、怖いものを見るとフラッシュバックで眠れなかったり夢に見たり、思い出しては沈んだり、という子供でした。
娘にとって鬼はトラウマになっているのでは?と心配になり、園にも相談。節分は日本の大事な文化で、その由来を学ぶのはいいのですが、鬼の使い方によっては、怖い鬼しか印象には残らないのでは、と。
怖がる子供達は確かに可愛いし、その写真も思い出に残るでしょう、でも大人がそれを楽しんでいるだけで、子供達には何が残るのかな。それは私たち親も考えないといけないこと。
今年は我が家の鬼も封印、園も方針を見直してくれるようです。
楽しく登園していた娘からのSOS、早く笑顔で登園できますように。

日曜日の午後、何気に放った一言。
「久しぶりにりくろーのチーズケーキが食べないなぁ〜」外は寒いし外出する気ゼロの私。
旦那がすかさず「買って来るよ!」と言ったのは予想通りでしたが、娘が自分が買って来ると言って聞かず。家から一人で行く気満々でしたが、そんなの心配でできるはずもなく、どうにか説得してお店までパパと行く事に。

それでも自分で買うという意思は固く、1000円をお財布に入れ行列に並んだよう。もちろんパパには外で待ってろと指示をして。
大人に挟まれ小さな娘がドキドキしながら待つ写真が旦那から届き、それだけでジーン。
満面の笑みでお店から出てくる動画も凍えながら撮ってた旦那、グッジョブ。
娘が小さすぎて、店員さんは後ろの人に注文を聞いたようですが、優しい後ろの方が「この子が先です」と言ってくれたんだとか。
もうすぐ自分の番だと、お金を財布から出して準備をし「チーズケーキ一つください」そして前の人のように「お持ち帰りです」と付け加えたと。
おつりを財布にしまい、紙袋を受け取り「ありがとう」まで言えたと、報告を受けました。うるうる。
この日食べたチーズケーキの味は格別、そして朝ごはんにホットドッグ、ランチに甘酢スペアリブ、夜ご飯はなんと粕汁を作ってくれた旦那。
この二人のおかげで、身も心も温まる日曜日になりました。

最近久しぶりのアルバムのプロモーションで懐かしのバックストリートボーイズ (BSB…ややこし)が来日していました。
昔のヒット曲をよく英語の勉強で聴いていた私、新しいアルバムも早速ゲット。
昔はやんちゃしていたメンバーもいたり薬物だったかアル中だったかトラブルもありました。メンバーの 1人が脱退して復活したり、山あり谷あり。
それが今年デビューから25年だそうです。テレビで歌う彼らを見ても確かに老けたなぁ…でも渋さが増して落ち着きも増して、今の方が好きかも。
アルバムの中でも「No place 」のMVは最高でした。40歳を過ぎた彼らが皆それぞれ家族との時間をビデオに撮って歌っています。
奥様や子供たちと過ごすメンバーを見て、もちろん若かりし自分がファンならジェラシーが一番の感情でしょうが、今や私も家族もいて…このMVを見ると、なんとも言えない温かさで胸がいっぱいになりました。
長い年月を同じ志で続けていくのは大変なこと。歳を重ねてもあえてグループで活動していく彼らを尊敬します。仲良しなんだろうな。

体育で跳び箱や鉄棒がなかなかできず、先生に特訓してもらっていた天天、年末に体操教室の体験、見学に行き、楽しかったようで今年から通うことになりました。
逆立ちやブリッジ、跳び箱の足の揃え方から柔軟体操も、基礎から教えてくれるので期待してます。娘も行きたがっているので、春から通う予定。
これで天天は習字と体操教室を春まで続け、春からはスイミングも行けたら、と思ってます。本人のキャパ次第ですが、身体を動かす機会を増やし、それが習慣づいてくれたらと。
娘は今年からチアリーディングに通ってます。チアダンスでなく、あくまでチアリーディングに。

ゆくゆくはスタンツなどの団体競技もできればと。ユニフォーム着たりポンポン持ったり、というのが嬉しいみたい。
これも春まで様子見で続け、慣れたら体操教室と公文も検討します。
性格なんだろうけど、娘は興味を持つと意欲的で自信満々で取り組み努力するので、上達が早くそれが相乗効果を発揮しているよう。
私はどちらかといえば特に好きな習い事もない天天のテンションに近い幼少時代を過ごしたので娘の様子に驚いてます。娘に頑張り過ぎないで、と思うのは過剰な心配なのか…楽しんでたらそれでいいのかな、うーむ。

2019の始まりプーケットから帰国した我が家は、楽しかった旅行を振り返りロス状態…これが何とかロスというやつか。
それでも新学期は始まり、天天も元気に学校へ。昨年この時期は私と子ども2人はインフルエンザだったなぁ、流行する時期なので気をつけねば。

寒い冬はいつもの咳が出て薬漬けの娘は今年は薬なしで元気に過ごしてます。保育園では半袖半パンを突き通し、鉄棒に縄跳びに頑張っています。
私はと言えば、異動プロセスが複雑ゆえまだ心機一転とはいかず…ですが、心構えの時間と捉えて情報収集。
時々雪も散らついて本格的な寒さがやってくるのね。冬の間は子どもたちや自分の体調管理にも気を取られて、母のアンテナフル稼働。
そんな時になんとお手伝いブームな我が家の子どもたち、食器洗いを毎晩手伝ってくれる天天、お風呂掃除をたまにやってくれる娘、本当に助かるよーありがとう!


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Our anniversary

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM