7年前に東日本の地震を経験してから何度も大地震の夢を見ては起きていました。
大阪地震の日も揺れた瞬間目が覚めて、視界に入る揺れと、ガチャン!と物が落ちる音がやけにリアルだったのに、半分またあの夢かと思っていた私。
怖くて私に抱きつく二人を抱きしめて、やっと現実だと理解しました。

とりあえず外に出るか。行くところは公園くらい。半分パニックになりながら、ボーっと子ども達が遊んでいるのを見ていると、7年前を思い出します。
あの時も1歳の天天を連れて、余震が怖くて公園でボーっと時間を潰しました。
亡くなった人や被災者に想いを馳せて。
地震の心配なんかしない、水を気にせず使う、そんな日常が昨日まであったのに。それがまるで夢のように感じます。
これ以上被害が広がりませんように。乗り越えるしかないんだ、頑張れ大阪。

天天が毎年恐怖に怯える「地獄のシャワー」が再び。
小学校がプール開きです。

プールの日はお馴染みのママの「頑張れ」サインを手に。こんなんで勇気が出るならお安い御用。
三年生の天天、少しだけ成長して初日は泣かなかったそう。
潜る練習がいるからと、お風呂でも予習を頑張ってます。天天は自分のペースで少しづつ強くなってるんだなぁ…と見守っています。
今年の夏休みは校舎増築工事でプール登校はないそう、天天は喜んでいたけど、他のプールにお休みの日は連れて行こうかな。

今回の旅は東大門を拠点にして、春川の南怡島(ナミソム)まで足を延ばす予定を立てました。
南怡島は「冬のソナタ」の撮影で有名になった場所。ソウルから車で1時間半そして船で湖を渡ると着きます。

リスが何匹も自由に動き回ってました。

自然の匂いに癒されました。
買い物もして美味しいご飯にマッコリに大満足。
また明日から仕事頑張ろ。

天天と一緒に習字教室に通うこと三ヶ月、硬筆と毛筆を月に二回づつの天天と、私は毛筆を月に二回だけ。
この時間が結構好きです。
中国古書を楷書で書くところからスタート、時々行書もお勉強。
真っ白な半紙に向かう時間を楽しんでいる自分にもびっくり。墨の匂いも懐かしい。
特に師範を目指しているわけでもなく、目標設定をしていないから楽しいのかな。

連絡帳だけは綺麗に書いておくれと懇願して。
学校より先に毛筆を始めて、少し自信もついたかな。級が上がるかも気になりますが、正しい字が身につけばそれでいいという気持ちも忘れずに。

最近は仕事もプライベートも慌ただしい日々。年に数回こういう波が来ます。
3年ぶりに友達が東京から出張で大阪に来て前泊で海遊館に連れて行きーの、送別会で二次会のカラオケまで頑張って参加しーの、娘の保育参観に行きーの、、仕事だけでもキツイのにプライベートも予定が埋まるとアワアワする私。
そうこうしてるうちに梅雨が来そう。
子供達も遠足なり水泳なり、夏に向けて学校や園も行事が満載。

そういや海遊館にはジンベエザメ二匹もいたんだね。

母に余裕がない時は子どもたちが不安定になりがちな我が家。特に天天はしっかり見てあげないとな。

スフレうまし!
そういや去年の今頃はアメリカにいたんだっけ。しみじみ。

横浜で有名なカップラーメンミュージアムが実は池田にもあったということを数年前に知りつつ娘のアレルギーの為行く機会を失ってました。
娘がついにラーメンデビューしたこともあり、行ってきました。
小学生以上が対象のチキンラーメン作りはパパと天天が、三ヶ月後の予約でやっと週末の時間で予約できました。私と娘は予約がいらないマイカップヌードル作り。

博物館らしくカップラーメンの歴史や工夫を勉強。懐かしい昔のパッケージも!

チキンラーメンって元祖だったんですね。ロングセラーもいいとこ…日本人にはお馴染みの味だけど、外人ウケはよくないと思います。

生地のコネコネから製麺、蒸して揚げて、パッケージデザインまで、1時間半で完成!

娘と楽しめたマイカップヌードル。中の具が選べるのも楽しいし、それを真空で風船にして首からかけれるのもナイス。
一ヶ月以内に食べないといけません。すぐにでも食べたがる子供達と、もったいなくて食べれない親の争いです。

最近になって自分の部屋にこもる時間が増えた天天。しかも扉を閉めてドロンするので、母ちゃん気になって仕方ない。
漫画読んでるか宿題かゲームか、レゴをしてるのですが、飢えてないか喉が渇いてないか、いちいち確認しに行くと煙たがれるという。なんか親離れしてない?

かと思えば「友達とコビトを捕まえに行ってくる」と遊びに行き、四つ葉のクローバーを大切に握って帰宅。水につけてベランダに置いて成長(するの?)を観察。
「◯ちゃんは四つ葉のクローバーを見つけたら幸せになるのは嘘だって言うけど、ホントやんな?」と目を大きくして聞いてくるピュアな小学三年生。
誕生日にくれたチケットの中にハグチケットがあってそれが4回分しかなかったので「4回しかハグできないの?」と聞くと「あー違うよ、その時にサービスでお願いって言ったらチケットは使わなくていいから!」らしい。チケットいらなくね?
自立してきたのは事実だけど、まだまだ可愛いオトコノコ。今日も夜の友レッサーパンダの人形を抱っこして私の隣で眠りにつきました。

公園や海で何気によく使うテント。風通しの良い、大きなテントを買いました。今日使ってみると…もう最高。

娘はテントの中をお家に見立てて遊ぶのが大好き。男二人は外で遊びます。
基本私はテント内で寝転んでコーヒー飲んで子ども達を見守る係。
こんな私を嫁にしてくれてありがとうとテント内でしみじみ思いました。そう、 13年前の今日、私たち夫婦は大連で結婚式を挙げました。

二人の宝物も元気に成長してます。
(猿に遭遇するというハプニングもありますが)森に行くと心が洗われる不思議なパワーが。旦那も子ども達も大好きな場所。

最近小学生が狙われた事件もあり、また近所でも声かけが発生しているので、学校側からも保護者へ見守り要請がありました。
登校でも下校でも一人になると危ないのです、今の日本。いや昔も危なかったはず、私も小学生の時一人で下校していて変質者に遭遇した記憶があります。
天天は基本学童でお迎えですが、今日は習字があったので下校時に迎えに行くと、集団下校で先生方も生徒と一緒に各地区へ帰っていました。
日本は当たり前のように子供だけで歩いてますが、そんな習慣もうやめたらいいのに。仕事してる人は学童でお迎え、家で待ってる保護者は迎えに行けばいい。これは海外では普通のこと。変態や犯罪者がなくなることなんて絶対ないし、学校側でフォローできることなんて限られてます。先生に登下校の責任まで負わせるなんてありえない、と今日の様子を見て思った次第。

私のベストオブ朝食。

日本が安全というのはあくまで比較するとの話。子供たちにも危機管理を教える時代なのです。
まだ留守番できない天天、それでもいいのかも…と思うこの頃。
そして娘には私が経験した怖い思いは絶対させたくありません。
時代が変わっても今より安全になることなんて絶対ないので、子どもを守ることについて親が考え直す必要がありそうです。子どもケータイも調べてみよう。

母の日には娘から保育園で作った贈り物が。

プラ板に娘が描いた絵が可愛すぎる。やること可愛いのに「ママおしり大きいなぁ!たべすぎやねん!」と真顔で言ってきて心が折れそうになった母です。
そして数日後の誕生日、いよいよ三十代最後の一年が始まりました。大阪オフィスでは一番若いし、ママ友の中でも若めな方なので、自分がまだまだ若いと勘違いしてますが、身体や肌は正直ですね。

天天からは手作りプレゼントとお手伝いチケットをたくさん、旦那には事前にほしかった一粒ダイヤのネックレスを買ってもらいました。
天天のガールフレンドも突然やってきてカードとプレゼントをくれました。いい嫁をもらったよ〜って気分。
ありがたいし、幸せだ。


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Our anniversary

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM