コロナのパンデミック、WHOが収束宣言をするのは2-3年後なんて言われています。万が一その時まで安心して海外旅行ができないとすると…辛すぎる。
再放送の海外ロケの番組を、指を加えて「行きたいなぁ…」と見てますが、自分に少し奮い立たせたことがあります。
「行けぬなら作ってしまえ韓国料理」
本格的な韓国料理が恋しい。スーパーの即席でも物足りない…と思って手に入れた韓国産唐辛子粉。
タットリタン、スンドブ、キムチ、和え物などのレシピをあさり手作りしてます。

手作りのは思い通りに辛くならず、そのおかげで天天も食べれて結果万々歳。
しばらくは録画したIKKOさんのアナザースカイを見て我慢します。

娘が初めて小学校の給食を食べた登校日、半年ぶりに美容院へ行きました。
自粛生活は髪なんて気にせず、ビデオ会議も白髪までうつらないし、長くなった髪は邪魔ならくくって、鏡を見ない日もザラです。
入学式も決まったし、外出も増えたし、そろそろ…と車で行ける場所で新しく美容院を開拓しました。
今までの美容院は担当美容師さんが独立して辞めたこと、通勤途中の場所だったのでこともあり、このタイミングで思い切って。
今まで男性美容師さんで長く切ってもらっていたので、今度は女性に。

テレワークだし明るめの髪色にハイライトも入れて、ショートボブで短めに。
少しづつ人前に出るための身だしなみを整えていきたいと思います。

今の上司は女性でイタリア人には珍しくとても細かいし律儀。この会社に入社して今年で13年ですが、自分のチーム全員の誕生日を把握して毎年バースデーメールを送ってくる上司は彼女が初めて。
なんだか照れ臭いけど悪い気はしないです。
今年は多忙な金曜日が誕生日。内心は早めに強制終了したいけど、大事なコールが19時前まで入ってたので、子ども達とパパを待ちながらローストビーフをつまんで仕事。
「誕生日だし花金だし夕飯作りたくないよー!」でイタリアンのテイクアウトお願いしてました。

お腹ペコペコで子ども達もピザをハイペースで食べ、バースデーソングを歌ってくれました。
そして毎度あつ森内でたくさんプレゼントを…。
41歳の抱負は?「6キロ減、体力をつけるぞ!」道のりは険しいけど、継続は力なり。焦らずコツコツ精神でいきます。

娘の卒園で我が家から「幼児」がいなくなりました。小学生2名…それがすごく大きな変化な気がする今日この頃。
天天の生後3ヶ月から始まった保育園への送迎生活、もう10年、そして終了。
母乳からミルクへ、離乳食、トイレトレーニング、お箸での食事、ありとあらゆる生活面での成長を一緒に見届けてくれただけでなく、心の成長も細かく報告してくれた保育園の先生方とのお別れは、いざという時の盾を失ったような、心強い味方をを失ったようなそんな感覚がして、寂しさと不安を感じています。
そして毎日の送迎を旦那と助け合いながらこなしたことを思い返して、子供達は私たちから少し手が離れたのだと、胸がいっぱいになりました。

まさかこんな状況で桜の季節を迎えるなんて想像もしてませんでした。

本来なら明日から娘は学童へ。天天の学童1日目も友達と歩く小さな背中を涙目で見送りました。
娘の1日目はいつになるだろう。

日本ではオリンピックに向けて推進していたテレワークが思いもよらずコロナで役立ってるらしい。
うちの会社は今では全社員が強制的にWFHに。eトレーニングで効率よく自宅勤務するためのコースが紹介され、改めて仕事環境を見直すきっかけになってる。

韓国人気のタルゴナコーヒー、作ったらほんとに美味しかった!コーヒーは私の仕事のお供にかかせないので、故にコーヒーグッズやお気に入りの豆は常に自宅に常備。
ワークスペースの確保、オンオフの切り替え、身体の動かし方、孤独感の解消方法…身体やメンタルに支障をきたさないようにWFHするのは実は簡単ではないのだ。
インドアな私でも以前は週に1日はオフィスへ出かけたほど、社会生活には人との対面コミュニケーションがかかせないのだと実感。
毎日の会議では世界中の同僚達が不安の中お互いを心配し励まし合ってる。会議前はお互いの状況を聞きあって会議終了には「気をつけてね」がお決まりに。会議中は遠くで聞こえる子どもの声がBGMみたい。
こうゆうのが、新しいノーマルになりつつある私の会社。
仕事で世界と繋がってるからこそ見えるパニック、そのおかげで私も日本にいても楽観視せず、国民として市政府が発する要請に忠実に動けているのだ。
明日は我が身。一寸先は闇。以前のような日常が戻ってくるのか信じがたい。
どうせ過ぎる毎日、笑って過ごしてやろう。

来年度から早速小5から正式に英語が教科として加わります。天天の学校では試験的に1年生から外国語活動として英語に親しんでいたので、本人は特には心配もしていないよう。
でも最近じわじわと思うのは「英語」を理解する人生としない人生は全く違うものになるだろうということ。
同じ「情報」「学問」を日本語のものだけを読んでそれでよしとするのか、日本語の何倍もある英語で発せられるものに触れずに情報を得、学問を極めることはできるのか。
世界で何が起こっていて、世界は日本をどう見ているのか、日本のメディアはなぜこのように報じるのか、また学習分野の論文や記事は英語なら膨大に得られます。

高校時代、母の知り合い?アメリカから帰国したお爺さんとマンツーマンで英語を習っていた時期がありました。今思えば怪しすぎる、車中での英語学習。そのお爺さんに使えともらった古い英英辞典。まだ手元にあります。
仕事抜きにしても、大好きな中国語より役に立ってるのは断然英語。それだけネット社会の現代に多いのは世界共通語の英語情報で、この先翻訳の質が上がればもちろんツールで代用できるでしょうが、自分で読む、話すことに勝るデータは上がってこないんじゃ?と思ってます。
あくまでこれは私の主観意見、子ども達は新しい日本の教育制度でどこまで英語力を養えるのでしょうか、楽しみです。

所属するチームがグローバルすぎるので、チームミーティングの時間設定に頭を悩ませたボスは、アメリカ早朝、日本は23時、ヨーロッパは勤務時間内に。その代わり月一で決定。
1時間半の間に毎回各自10分〜15分のプレゼン必須です。
これが始まってまだ半年もたってないけど、はじめに比べて英語プレゼンにガチガチに緊張することが減りました。
これも訓練のおかげ。上手いか下手かは置いといて「慣れ」は大事です。

イタリアのボスからのお土産のビスケットがマジうま!止まらない!でもカロリー高いのでチビチビ一日一枚で完食。

いつも娘と22時には寝転ぶ私なので、月一のこの時間はまさに自分との戦い…歳を取るごとに夜に頭が働かなくなるというね。
後半は間違いなく脳が半分寝てるので、他の人のプレゼンも数字も頭に入りません。
夜型になるか朝型になるか、私にはどちらも無理だわ。

思えば入社してから飛行機での国内出張はなかったので、海外出張と手続きが違いかなりバタバタしました。

久しぶりの雪景色。美味しいご飯に大満足。
アメリカとイタリアから、そして長期休暇から戻った東京の同僚と合流。女子4人でゲラゲラ愉快な女子会になりました。いやいや、メインの仕事も無事に終了。
来週はちょうど雪まつりというタイミング、そんなに人も多くなく、寒さもダウンなしで大丈夫でした。
次はうまくいけば春にもまた来ることになるはず。またよろしくね札幌!

会社にまたやってきた大きな波、そろそろ新しい組織図が出そうです。
そして待ちに待ったポジションの応募者を選考しています。私は最終面接を任され、大阪なので電話面接を。
経歴もスキルも素晴らしい人が中にいたので、早くオファーが出ればいいなぁ。
新しいメンバーが入るのは、新鮮な風を部屋に入れるように、チーム内の空気がガラッと変わります。なんだかワクワク。
同僚が長期休暇を経て復帰、彼女がいない4ヶ月間は私は忙しかっただけでなく精神的にも余裕が持てませんでした。
彼女が復帰したからといって仕事がなくなるわけではないのですが、無理せずペースダウンしようと心に決めました。身体に耳を傾けてみよう。
早速休暇1日とってお出かけしてきました。

以前天天と仲良しHちゃんと梅田に行った時、興味ないのにすみっこカフェに付き合ってくれた天天。図がまるでHちゃんとのデートのようで、将来を想像したりして。

昔から冷え性のわたし。特に末端冷え性で指先が凍るのですが、ここ数年は脚用の空気圧マッサージ機のおかげか、しもやけにはなってません。
それでも冷える…床暖房を入れてますが冷える…。何やら内臓を温めると血液循環もよくなり冷えに効くと。
湯たんぽが気になり早速お腹に当てて内臓を温めます。

お湯を入れない湯たんぽも湯たんぽと呼ぶ不思議。
充電式でお手軽です。
実は昔大連で使っていた電気あんかで低温やけどをし手首に大きなやけどの痕が残っています。なのでこの手の暖房器具には警戒心あり。
この羊のメリーちゃんは、そこまで高温にはならないし、温度も下がる一方なので寝る前にお腹を温めるだけに使用したいと思います。


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Our anniversary

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM