幸い…なのか、C-POPは日本に入ってこないし中華文化(一般庶民が楽しめるコンテンツ)が日本に浸透しない分、反中という騒ぎも起こりません。中国ドラマはちょこちょこ放送してるので個人的には楽しんでるけど。
かたや一番近いお国はそうもいかず、特に日本市場に頼っている分、ガンガン売り込んで来ます。

そしてそれを受け止める側の日本はまだ鎖国時代のように、いや、西洋かぶれの現代らしく洋楽ウェルカム、でもK-POPは親日ならいいよ〜的な上から目線。
有名人の表向きの「I love Japan」はもちろんファンに対してですから、日本へじゃないのに期待しすぎです。日本は愛されてる、すごいと思われてるという意識が強すぎる。
***
世界中の人間が、愛国教育を受けていると仮定して、特にメディアにでる人間は活動する国に配慮がいるのは当然のこと。歴史認識の違い、個人の思想発言の自由はあるにしろ、発表するコンテンツに愛国心は示しても、他国の尊厳を傷つけるものであってはいけないのです。
反韓(という認識はほとんどの日本人にはない)日本人作曲家に依頼して作った楽曲のリリース取消。これは、国内ファンの反応を予測できなかった事務所の責任。→国内での株は上昇、日本の作曲家の名誉は?
音楽番組出演取消。個人の思想によるものではないにしろ無知や浅はかさが招いたことかと。テレビ局は国民の反応、それを許さない日本側の意思を示したのはgoodなやり方でないにしろ、betterな判断だったと、ファンの私でも思います。出演してもこの件の弁解は本人からはしないはずだから。
元の楽曲や彼らの人柄がこんなに認められているのだから、これからはそれを世界中どの国でも披露できる機会を奪われないように、向き合ってほしいと思います。ファンの為にも。
両国間の微妙な空気のまま、日本ドームツアーが始まるのかな?微妙な心情のファンは私を含めて多いはず。何かしら公式見解がないと日本の活動は難しいと思うのですが、どうなるかな。

  • 2020.07.06 Monday
  • -
  • 23:55
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Our anniversary

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM