ビバリーヒルズ高校白書、青春白書を見ていたのは、高校生の時。田舎にいた自分はただただアメリカの高校生はこんなに弾けてるんだ…と別世界を感じながら見ていました。ウィンブルドンとビバヒルは夜中の放映でしたが、寝ずにテレビにかじりついていた私の高校時代、若かったです。
高校生のドラッグや暴力など社会的問題を扱っていて自国では話題になったようですが、私の環境とは問題が別次元すぎて現実離れしていました。
あれから20年、今年懐かしいメンバーが揃ってビバヒル復活です。主要メンバーの1人が亡くなってしまっているので非常に残念ですが、どんな物語になるのか、まだ見てないので楽しみ。
昔は到底理解できなかった彼らの英語がわかるようになったのが私なりの進歩。

20年を経ての復活版はもちろんだけど、また高校バージョンも見直したいと思います。と言っても見たい海外ドラマが多すぎて全く追いついてないので、たぶん来年になりそうな予感。

  • 2020.07.06 Monday
  • -
  • 23:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Our anniversary

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM