我が家の天天、9歳まさにギャングエイジ真っ只中。
私なりに天天の反抗に怒り、悩み、いろんな物を読み漁ってみると、なるほど脳の成長と関係あるんだと。
脳の発達は6歳(ちょうど今の娘くらい)で成人の90%近くまで達して、10歳にはほぼ100%となるらしい。もちろん身体の成長はこれからが著しいのだけど、脳が発達し語彙力が増え抽象的な思考ができるようになるんだとか。
その時期と重なってコミュニティの中の自分の存在が大きくなり、人間関係が広がって仲間を重視し始める…と、もちろん仲間間での衝突や悪ふざけもするようになるからまさにギャングエイジとはよく言ったもの。

4年生になってからは明らかに友達縛りもあり、週末も家族より友達といたい感満載。うん、友達といる自分が楽しいと思えるならそれって素晴らしいこと。
天天の暴言や妹への攻撃も、そして両親への反抗も成長の証。そう思ってはいても、正面から諭してしまって衝突…心が折れる日々。
明日は怒らない日になればいいなぁ。

天天が産まれる前から、いやたぶん大連から日本に戻ってきた時から使ってたガラケーがついにぶっ壊れました。10年以上なので保存していた写真や動画が歴史を語ってます。
ボタンが反応しないし、時々ライトがつくという症状。
もう機種変更の一択で新しいガラケーになりました。担当者の方は私の利用環境をヒアリングしガラケーvsスマホの月々の費用を素早く提示、種類や色も比較して、決定。一連のサポートがストレスフリーで感動しました。

日曜日の夜はパパが腕をふるって、魚の蒸し料理を。朝から遠いスーパーに行って蟹と新鮮な魚をゲットしてました。
子供達は絶賛で魚もパクパク食べ、二人とも交互に口を開けて蟹コール。シーフード好きなのは、パパと同じです。
平和な週末のこんな時間が幸せ。

なかなか分かり合えない部署の日本管轄トップと二人で会議をしたうちの上司はなぜビジネスをする上で日本が難しいのか、というのをひしひし感じて少し落ち込み気味に東京から大阪への新幹線に乗り込みました。
少しのコミュニケーションや表現の仕方で相手を不快にさせたり、ジェスチャーや表情一つでカチン、ときたり。それがもともと好印象でもないんだから、大変です。

このチョコ「バチ」って「キス」のイタリア語みたいで、これを他の男性社員にあげたら「セクハラ?」と笑われた彼女、日本式のジョークだって伝わったかな。
3日空けた家に帰るタクシーで、ドライバーさんが人生を語りました。病気の奥様の為に銀行を退職、今までやってこなかった記念日や、デートや、家事や、奥様のお世話もすべて楽しんでやっているんだ、と幸せそう。
複雑な心境なまま大きな視点で世の中を見てみると、やっぱり温かい気持ちに溢れていて、仕事でのイザコザなんてちっぽけなものさ!と思える40歳の自分、よく成長したなぁ。私を育ててくれた全ての人に感謝です。
「見えているものだけが全てじゃない」ってその通り。

来日した上司とは初対面、でもほとんど毎日電話で話してるので始めて会った気もしない陽気で賢い彼女は、私のロールモデル。
久しぶりの東京本社、会いたくない人もいるし、会いたい人もいるけど、スケジュールしてる会議で会う時間もありません。

娘が「すき家に行きたい!」とアピールしていたので、パパが夜ご飯に連れて行ってくれたようです。
外人のアテンドが苦手な私、なんとか上司とアメリカからの同僚を日本料理に連れて行き、魚の名前を英語を調べるのに冷や汗。しんどい。
ちょうどパーティがあったので顔を出すと、国際結婚してる女性社員が偶然5人集まり、二次会へ。アメリカ、フランス、韓国、中国…所変われば、ですが悩みは同じだったりするのです。
会社は変革時期だけど、また集まれたらいいなぁ。私だけ大阪なのが悲しいの巻。

天天がなぜかハマってる「ルパンの娘」何がいいって、ながらでゆるく観れるから私は好きなんだけど、天天はガチでハラハラドキドキしながら見ております。
その中でも引きこもりのお兄ちゃんが大好きな天天、録画したものを止めながら部屋の中を確認したりいろいろ細かい。
好きすぎて、劇中の音楽までyou tubeで検索し始め、セリフまで覚えてしまうという。

劇中使われてるベネチアンマスクがほしいらしい。ダイソーに売ってるやつでいいかなぁ。
天天と私の会話からいろいろ学んじゃう娘が「天天はひここもりだから」と言ってて可愛かった。

新学期が始まると同時に天気も怪しくなり毎日スッキリしない空模様。もう8月も終わろうとしています。

2019年の夏も終わりです。
天天は工作をパパにまかせ相変わらずでしたが、都道府県名の漢字テストに張り切り出し90点以上取れたらアニア買って!と交渉してきました。
夏の唯一の心残りは鳥取に帰省できなかったことみたい。「ばぁばのおうち」がなぜこんなに子供達にとって魅力的なのか、少しわかる気もします。
来週は来日する上司達と初対面、東京での仕事がてんこもり。せっかくなので美味しいものを食べて、懐かしい人にも会ってこようと思います。

ビバリーヒルズ高校白書、青春白書を見ていたのは、高校生の時。田舎にいた自分はただただアメリカの高校生はこんなに弾けてるんだ…と別世界を感じながら見ていました。ウィンブルドンとビバヒルは夜中の放映でしたが、寝ずにテレビにかじりついていた私の高校時代、若かったです。
高校生のドラッグや暴力など社会的問題を扱っていて自国では話題になったようですが、私の環境とは問題が別次元すぎて現実離れしていました。
あれから20年、今年懐かしいメンバーが揃ってビバヒル復活です。主要メンバーの1人が亡くなってしまっているので非常に残念ですが、どんな物語になるのか、まだ見てないので楽しみ。
昔は到底理解できなかった彼らの英語がわかるようになったのが私なりの進歩。

20年を経ての復活版はもちろんだけど、また高校バージョンも見直したいと思います。と言っても見たい海外ドラマが多すぎて全く追いついてないので、たぶん来年になりそうな予感。

天天が北海道で過ごした1週間の様子が、次々と明らかになりました。
写真や動画をシェアしてもらったので天天もそれを見ながら思い出すことも多く、まだまだ話し足りない様子。
親目線で言わせてもらうと、写真の中ではほぼ歩いてるか座ってるか、ボーッとしているか、で、他の子ども達のように薪を担いだり、料理をしたりといった「ザ・キャンプ」な瞬間はなく…やはりたくさん助けられた日々だったのだなと痛感しています。

大自然で人に助けられながら過ごしたことも大事な経験ですが、また次もあるのであれば、助ける側にならないとダメだと伝えました。
甘える環境があれば、とことん甘えて、受け入れてもらえる今の天天。自分で奮い立つ、そんなチャンスよ、カモン!
毎日見守っていたはずの息子のまた違った側面を知ることができたのも、この1週間のおかげ。
ありがとう北海道。

お盆の真っ只中しかもラッシュに台風が直撃したものだから、旦那も5時間遅延の末に成都から無錫へ着いたものの、日本に戻る便が欠航となりました。思いがけずの無錫一泊も無駄にせず歩き回ったそう。
お仕事を1日休ませてもらい、翌日やっと帰国。

このにんじんキャラ、味があって面白い。子供たちは久しぶりの父をかくれんぼでお出迎え。

私へはスタバの成都限定カップ。グッジョブ旦那。
トラブルがありつつもお友達に会ったり観光したり美味しいものを食べたり満喫したようです。
いよいよ天天の夏休みもあと1週間で終わります。台風去ってまた暑い日々、元気に過ごそう!

お盆休み、ご飯のメニューを考えるのもめんどくさい…ということで外食祭り。姉も来てるのでという口実でランチを三日間外食。こんなの普段ありえないので子ども達も嬉しそう、私も嬉しすぎる。

4人で揉めた末「ライオンキング」を見に行きました。一番嫌がってた天天が思いの外ガン見。影響まで受けてアニア熱復活です。
ライオンとクマを早速追加、翌日も姉に買ってもらいまた追加。
娘はポップコーンを勢いよく頬張り、後半何も口にするものがなくなったので眠りにつくという、まぁ予想通り。
それにしてもCGでここまでできるんだなぁと感心、動物が一斉に集うシーンや戦いのシーンは圧巻でした。
私も影響を受け、サファリパークに行きたい熱が…!秋の連休に計画しようっと!


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Our anniversary

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM