学校からメールで登校日のお知らせがあり、4年のクラスの友達や担任の先生に会うのを楽しみにしていました…が連休前に中止の連絡が来ました。
政府からの指示、市町村の判断、と曖昧さも残り、やはりトップダウンの独裁国家のようにはいきませんね、日本。
入学式も決定していましたが、今は未定とのこと。
今週は保育園に荷物と作品を取りに行きICカードも返却、事実上のさよならをしてきました。
天天のあゆみと荷物も学校へ取りに行き、お世話になった学童ともお別れ。春からは娘だけ学童に入ります。
その日は持ち帰った作品を見ながら一年の成長を感じ、うるうる。直接見えない学校生活、お友達からのメッセージや本人の作文から「知らなかった天天」が見えてホッコリ。


パパ有給で二人を連れ出し大きな広い公園へ。自宅で仕事しながら二人と過ごすのももう一カ月が経ち疲れていたところだったのでほんと助かった。

予定では木曜から4連休にして北京へ行くつもりでした。天天が見たかった長城、私が再度訪れたかった紫禁城がまた遠のきました。
北京は快晴、ちょうど良い気候みたい。大阪も連休はポカポカ陽気です。
身体を動かせる場所、そして新鮮な空気を求めて、連休は山へ。
旦那が子ども達と探検しに行く間はテントの中でゴロゴロ、スピーカーから好きな音楽を流し、家でドリップして持参したコーヒーを飲みながら「マイタイム」。頭の中は北京への未練でいっぱいです。諦めが悪いよと自分に言い聞かせながら。

子ども達もだいぶリフレッシュしたはず!娘はお友達のワンコを散歩させた後「犬を飼いたい」と泣いて懇願してきました。気持ちはわかるんだけど…ね。

来年度から早速小5から正式に英語が教科として加わります。天天の学校では試験的に1年生から外国語活動として英語に親しんでいたので、本人は特には心配もしていないよう。
でも最近じわじわと思うのは「英語」を理解する人生としない人生は全く違うものになるだろうということ。
同じ「情報」「学問」を日本語のものだけを読んでそれでよしとするのか、日本語の何倍もある英語で発せられるものに触れずに情報を得、学問を極めることはできるのか。
世界で何が起こっていて、世界は日本をどう見ているのか、日本のメディアはなぜこのように報じるのか、また学習分野の論文や記事は英語なら膨大に得られます。

高校時代、母の知り合い?アメリカから帰国したお爺さんとマンツーマンで英語を習っていた時期がありました。今思えば怪しすぎる、車中での英語学習。そのお爺さんに使えともらった古い英英辞典。まだ手元にあります。
仕事抜きにしても、大好きな中国語より役に立ってるのは断然英語。それだけネット社会の現代に多いのは世界共通語の英語情報で、この先翻訳の質が上がればもちろんツールで代用できるでしょうが、自分で読む、話すことに勝るデータは上がってこないんじゃ?と思ってます。
あくまでこれは私の主観意見、子ども達は新しい日本の教育制度でどこまで英語力を養えるのでしょうか、楽しみです。

天真爛漫で豪快な娘、我が家の天使が卒園しました。

まさか最後の最後に自粛生活が待っているとは想像もしてませんでしたが、保育園へ行きたいと駄々をこねることもなく、前だけを向き「コロナに罹ったら小学校へ行けないから」とお家で元気に笑って過ごしてます。
保育園の先生方の全員出席で卒園式を終えたいという気持ちも伝わり、卒園式は出ることに決めたのは2日前。
本番に強い娘は数時間の練習にも関わらず堂々とやり遂げました。

娘は私から産まれたくせに、性格を含む「個性」が私とは違いすぎて、そのおかげで助けられることがたくさんあります。
今回もそう。私がクヨクヨ悩んでるのを見てか、彼女は明るく卒園式出なくてもいいよ!と笑って私に言い続けていました。
出席することにしたらそれはそれで頑張る、でも大人の事情にも空気を読んで理解してしまう、そんな娘に助けられる日々。
今はもう残された保育園生活よりも新たな小学校生活しか頭にない娘、ママもランドセルを背負う君を見るのが楽しみで仕方ないよ。

毎日メディアではコロナウィルス感染者がどこで何人…全国一斉休校の賛否…それを目の当たりにして不安な人、楽観的な人、様々いて当たり前。
メンタルが弱い人は、ニュースのオンパレードで更に無気力になる一方だし、自分が不安だから他の人も同じように不安に思うべきだ、と無責任に不安を煽る人も残念すぎる。
もう40年も生きているので自分のメンタルの強弱はわかっているつもり。震災の時は無意味にテレビをつけていたので映像と情報が脳に焼きついてウツ直前まで落ちた経験もあり、今は日中はテレビをつけない生活をあえてしています。今はネットでも簡単にいらない情報まで入ってきてしまうけど。
感染者数だけ見てもそれが全てではないけど、どこに自分を心を着地させればいいのかわからない中、シンガポールの首相が国民に向けたメッセージを聞いて、涙が出そうになりました。
感染者が少ないまだ初期の段階で、自ら優しく国民を律するその言葉と、これから起こり得る状況の予測、その対処まで。首相がピンクのシャツで国民へ優しく語りかける約9分の映像は私を落ち着かせただけでなく、同時に失望させました、もちろん我が国に。
あなたがメッセージを届ける相手は記者や野党ではなく国民ですよ、安倍さん。国の危機に国民の不安を打ち消すのは、目に見える対策だけではないのです。日本という国にはこの危機に打ち勝つ力があるのだと、そのためには国民の協力がいるのだと、不安に煽られることはないと、予防策は各自がしっかり遂行しなければならないのだと、自分の言葉を国民へ届けるべきでは?
テレビをつけてないおかげか、子ども達に不安感はなく毎日ゲラゲラ笑っています。悶々と考える派の私はそんな二人に救われています。

テレビが不調でつかない!小さなゲーム画面を見ながら縮こまってマイクラをする二人。マイクラ中は仲良しです。

今日は中国では38(サンパー)節と呼ぶ国際女性デーです。
さすが男女格差がまだえげつない日本ではメジャーではないですが、私が大連にいた頃は職場では女性社員にだけ贈り物があったり確か半休もらえていました。
昨年末の男女格差報告書によると153国中日本の順位は過去最低121位とか、笑えます。

世代が変わっても何割かは伝統が残っていまうのはわかるけど…このペースだと孫の世代でも期待はできないなぁ。
それでも社会だけではなく、家庭での役割は土台を作るのにとても重要で、これがまさに私が出来ることなのです。
天天や娘が家族の一員として家事を平等に担うこと、それを父母が行動して見せること。
お兄ちゃんがしていることを同じようにできることを娘に、男だからと強がらなくていいことを天天に。
全世界の女性が卑下されない世の中が少しでも早く訪れますように。

天天の読書タイムに本を増やそうと、実家から私達姉妹が子どもの頃読んできた本をチョイスして送ってもらいました。

日本の歴史…記憶ないので歴史嫌いの私は読んでいないハズ。姉が買ったのだと思います。天天には読んでほしいです。
ギャグ漫画は絶対天天にウケると思ってましたが、どハマり中。やっぱりね。
その他は四年生にぴったりのもの…私がよく読んだ記憶あり。
新しく買ったものはこちら。

偉人に興味が出てきた天天に伝記を。101人もいるので、あっさり読みやすい。もし深く知りたい場合は、その偉人だけの自伝を買うとして…今のところ浅く広くで正解。
ドラえもん0巻はCMを見て即買い、娘は大好きなすみっこ、でも中身はすげー実用的。小学校で活かせ娘よ。
ずっと読みたかったミシェルオバマの回顧録、週末に読み始めています。

しばらくの休校期間で大事なことは、この日々が子供にとって「特別」と感じさせないことらしいです。 
そこで作った第一弾パパ監修のスケジュール。

学習、読書、手伝い、運動を取り入れて、もちろんゲームや遊び時間も確保。
指針がある方が天天は動きやすいようで今のところ私もストレスなく過ごしてます。
娘はマイペースに、でも天天に合わせつつベネッセのワークもほぼ終わらせるというちゃっかりものです。
当面の目標は私が早く起きれるように頑張ること。今日も10時起き、慌ててパソコン起動しました。
柔軟体操も子どもに教えてもらい私も一緒に。この一か月どうにか体重を増やさないようにしなければ!

雛祭りはちらし寿司、初めて「素」を使わずに一から手作りしました。二合を四人で完食!

三月から臨時休校になった為、インフルエンザで1週間早めに休んでいた天天は、結局クラスのお友達とも担任の先生とも直接お別れできないまま、春には違うクラスの五年生。来月予定されていた二分の一成人式では「どんな大人になりたいか」のスピーチが聞けるはずでした。
娘が卒園予定の保育園には、感染リスクを考えて娘を登園させるつもりはないと話を。ただ懸念は卒園式で披露する伝統的な太鼓演奏。娘が一生懸命練習していたのを知っているので、披露させてあげたい、でもその為の練習はみんなとはできません。
子ども達の節目の行事があるこの時期、仕方ないと納得する反面、残念な気持ちも消えず。
習い事も来月は休会手続きを。本格的なこもり生活の始まり。
ミラノも封鎖され外には出れないと嘆く上司。そう、子どもだけじゃない、大人もかなりのストレス。
当たり前だった日常が今思うと夢のようでキラキラとした思い出となって想い起こされます。どうしようもない不安感、震災の時に感じていた絶望感や空虚感と似ているかも。
どうか、全世界で感染が早く収束しますように。

不思議だけどあったかい娘の家族図。

連休前から私は身体の怠さと頭痛があり、同じくしてお友達の家でウサギと戯れた翌日から娘が不調に。
動物アレルギーは調べてませんが、なんだか花粉症のような症状なので、きっとそんな感じでしょう。
自宅勤務だし、私も送迎しんどいので保育園は2日ほどお休みしました。
私と娘が復活してきたら、今度は天天が発熱。ぐっすり眠って翌日は元気でしたがまたダウン。
インフルエンザB型でした。毎日マスクを欠かさずつけて「僕だけマスクで目立つんだよね〜」と言ってたのに…クラスでも流行ってないのに。いったいどこで?

今週はずっと学校をお休みしないといけないようです。娘もしばらくは休んで様子見したほうが良さそう。
コロナも感染者が増える日々、いろいろ思うこと、考えることはありますが、自分にできる予防を徹底するのみです。


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Our anniversary

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM