25年ぶりの勢力といわれた台風が関西を直撃しました。
小学校は休校、警報が出るのはわかっていたので娘も保育園を休み、外出せずに過ごしました。
お家にいても、戸締りをしても、最近のマンションは通気がいいものだから、あちらこちらでヒューヒュー、ガタガタ、かなりの暴風で窓が割れないかビクビク。今まで経験したことのない暴風です。
自宅勤務にしてましたが、仕事どころではなくなり午後は休むことに。

束の間の癒しは娘です。

今年の日本…自然災害に見舞われ被害が後を絶ちません。関空が冠水、車が横転、天井落下…自然の威力に、人間の無力を感じます。

被害がこれ以上広がりませんように。

大学の4年間を支えてくれた奨学金、ついに完済です!
かれこれ卒業してから15年ですが、無利子のおかげで毎月コツコツとのんびり返してきました。
ローンと同じように利子が発生していたら、もっと負担になっていたことと思います。

お疲れ自分!

一般的に今、奨学金自体を「借金」だと捉えて、結婚相手の奨学金返済にも理解がない人が多いそうです。
親が、子どもに借金を負わせるなんて!と、批判的な意見も。
いやいやもちろん、教育費を準備できる家庭なら、子に奨学金なんていらないわけで…経済的に不自由かつ勉学がしたい子が使うわけで…子どもの意思であるべきだよ完全に。
要は受け取る本人次第なのかなと。奨学金もらってまで大学へ行く、返済する覚悟で進学するのか。
それこそ、親は子どもが歩くレールをしいてあげてはいけないんだなぁ、とつくづく思うのです。
自分の進む道を自分で選んでくれるのかなうちの子たちは。そして選んだ道を経済的に応援してあげられるよう、貯金頑張ろ。
誰かの子どもであることより、難しいな、誰かの親をするのは。

天天がふと聞いてきました。
「ママ、どうして自殺する人は自分を殺そうと思うのかな」
テレビで自殺のトピックを見ていた時だったかな。
うーん、私は即答できず…
「自分のことが大好きなら自分を殺そうとは思わないよね」
と天天と考えることにしました。

嫌いな事、苦手な事、しんどい事はたくさんあるけど、自分の好きな事、得意な事、楽しい事を探して自分を好きでいたいね。

〜どうしていつも隠そうとばかりするんだ 仮面の中へ 僕の失敗でできた傷も全て僕の星座なのに〜

「僕は自分大好きやで!」と天天からはっきりと聞けて、私はハッピー。娘は確認しなくても自分を愛しまくってるので心配なし。

ママは君たちの母になって初めて自分が大好きになったのよ。

夏休みもやっと終わりです。子どもたちが成長するにつれて、親が手をかけることは確実に減るのに、楽になるはずなのに、なぜか最近天天が悩みの種。
何度言っても聞いてない、物を忘れる、時間を守らない、落ち着きない、妹をいじめる、口が悪い…どんどん私のキャパも限界に。

夏休みの間我が家にやってきたカブト虫のカブちゃん二匹。ようやくお友達がもらってくれました。母ちゃん嬉しい。

私の日本語力、正直落ちてますが、逆にどんどん口が悪くなってます。男の子ママあるあるなのか。
妹に陰険な意地悪をしているところを見て私が天天に言った言葉。
「弱いものイジメするなんて心が腐ってるんじゃない?!」
言った瞬間、しまった!と思う自分と、いやまだまだ言い足りない!と怒りが収まらない自分。
天天には優しいお兄ちゃんでいてほしいという期待が、私をそうさせるのでしょうか。
野放しに育てれたらどんなに楽だろう、娘に対してのように、天天へも穏やかな親でいたい…。
そうこうするうちに、反抗期も来て、私から離れていくのかなぁ。そんなの嫌だなぁ。
今晩は久しぶりに同僚と夕食へ!火鍋だ〜。少し自分の頭も冷やそう。

猛暑だった夏の終わりを感じるこの頃、夏休みの最後の土曜日に保育園で夏祭りがありました。
今年度からは年長の保護者主催、卒園児の天天も年中の保護者の私もお手伝いに。
案の定娘ははりきって浴衣を着てるんるんでした。

天天も立派にお手伝いをこなし、その後私が店番をしている間は娘とゲームを回ってくれました。
そして、毎度見せ場の先生方の太鼓演奏、いつ練習したのか、今年もまた素晴らしい演奏でした。
娘はおばけのQちゃん音頭を華麗にこなし、文句なしの出来栄え。
夏祭りの後は、仕事だったパパと合流して焼肉でシメ。
天天、月曜日から2学期頑張れ!

金曜日午後、仕事中に東京の友人から「明日からソウル行くけどjoinしない?」航空券調べて早速旦那に了解を得、生まれて初めて前日にチケット発券して旅行へ。
旦那が快諾したのは二週間のお義父さん滞在中私が頑張ったから!ご褒美だそうで…ま、ソウルだからできるのですが。
今年3度目の韓国、旦那からは今年はもうこれで最後にしてくれと。そうします。
久しぶりの再会はやっぱり嬉しいね。

この女子三人が集まるとまずサムギョプサルはお約束。
翌日は新しいエリアの聖水をぶらぶら公園で休んで、夜は東大門でお買い物。2泊でしたがリフレッシュできました。

公園で韓国の友人オススメの食べてビックリ「感動卵」を食べるも、中国の茶卵の方が断然美味しいんだけど。
この公園、子どもたちを連れて来たい!

これ大好き。アラフォー女子三人で食べても一つで十分。

二週間の滞在を終えて二人が無事中国へ帰国しました。最後は関空までみんなで見送り。
滞在中は二人の孫を可愛がってくれ、子ども達もジジババに懐いてコミュニケーションをとっていました。
子どもにとってこうゆう機会があるのは本当にありがたいのだけど、正直二週間ずーっと我が家に、というのはキツイよね。
私たち夫婦が仕事の週はどこか二人で旅行に行けば有意義だったのにと思います。
ふと大連で過ごした日々も思い出して「そうそう…だから自分は日本に帰ろうと決めたんだった」と。
お義父さんは遠慮をして気を使ってくる性格なので、こちらもそれ以上の気を使い、怒りの矛先がおばさんなのでヒヤヒヤです。
会話が続かないし、自分の中国語力にもガッカリ、旦那がいない時間はもうしんどくてたまりませんでした。
向こうが日本に来るより、私たちが大連に数泊する方がよっぽど気が楽なんだよね。
ちなみに二人とも娘の中国語発音を大絶賛。次は来年以降、娘の大連デビューをしよう!

お義父さんの乗った飛行機を見送り、次は私が搭乗。どこへ行ったかは次の記事に。

翌朝は美味しい朝ごはんを宿で頂いて、チェックアウト。
近くで無人島へ行く船が出てるので行こうか…と計画してましたが、諸事情で予定変更。
日本海のキレイな海水浴場を見つけたのでそこで泳ぎました。
6人全員が水着に着替え、海へ!水がキレイで、お魚もたくさんいました。

2時間程泳いだらもう未練なし。お昼は山道で見つけたお店。

炭焼きの椎茸、鶏肉、栃餅、お蕎麦が絶品。
泳いで疲れてるところお腹いっぱいで、帰りの運転は眠気との戦いであっただろう旦那、お疲れ様。
帰りはサービスエリアで美味しいメロンパン発見、子ども達にも食べられ…くーっ!3個買えば良かった。

翌日名残惜しくお家を後にして、実家へ。12年前の結婚式以来の再会でした。お互いに「お若いですね〜」と日本語と中国語で言い合ってるのが笑えました。
予定してなかったけどおばあちゃんの家も見に行くことに。

お墓参りができてよかった。
そして旦那が大好きな牛骨ラーメンをお義父さんに食べてもらうべく、いつものお店へ。天天も娘もたくさん食べてました!

ほんで砂丘。私だけ登らず…砂がアチアチだし太陽サンサンでふらふらになって引き返すの巻。娘、お気に入りのワンピースでビーサンで、ちゃんと登って降りて来ました。すごいよ!
今日のお宿は兵庫の香美町。温泉の後の夜ご飯は浴衣で、お肉に海鮮に大満足。花火をくれたので子どもたちは浜辺で花火をして来ました。
部屋に戻ってもずーっと遊び通す二人。元気だなぁ。

今年はお義父さん達を連れて、総勢六人で出発。2泊の旅です。
無理のないスケジュールで、私の鳥取の実家に向かう途中で民家に泊まる1日目、実家と砂丘に行く2日目、海水浴に違うルートで大阪へ戻る3日目。

まるでおばあちゃんの家みたい。広いお家全部貸切、かくれんぼをしたり、お庭で水鉄砲をして遊びまくりました。

BBQセットは無料で貸してくれたので食材だけ準備して。
私一人ビールで楽しみました。
この季節空調がなくても過ごせるなんてビックリ。おばあちゃんの家もなかったなぁクーラー。


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Our anniversary

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM