翌日の朝ごはんは伝統的な香港スタイルで。

注文ではなくて、おばあちゃんのワゴンに客が群がり欲しい飲茶を取るという方式。気を緩めては一向に食べるものをゲットできません。出遅れる旦那を見て、相席の地元のおばちゃんがアドバイスをくれました。我が家は旦那にお任せ、早めにスタンバイを繰り返しご飯にありつけました。

まず先にお茶で食器を洗います。

このチマキ?が美味しかった!
朝食の後は次のホテルにチェックイン。アップグレードしてくれて寝室とリビングが分かれたお部屋に。旦那が誕生日だったので夜はケーキが届いてました。
このホテル32階の屋上にプールが。やっぱり入りました。高すぎて私は落ち着かず。これじゃマリーナサンズベイとか無理かもと確信。
この日は事前に予約していたオープントップバスとビクトリアピークで夜景を見る日。残念ながら霧なのか汚染なのか綺麗に夜景は見えませんでした。

翌日は朝ごはんを食べてプールへ。実はこれを一番楽しみにしていた子ども達。

妹に水をかけられまくる天天。
お腹ぺこぺこになってホテル内の鼎泰豊へ。ここは間違いなし。小籠包をパクパク食べました。
フェリーで香港に戻ってホテルにチェックイン。その後は夜市へ。

噂のワッフル子ども達に大人気。
夕食はまさかのローカル店を旦那がチョイス。

天天は固まってあまり料理に手を出さず。娘は結構冒険好きと見た。
タクシーでホテルへ。私は疲れたけど、またパパと天天はお散歩へ。
手土産の餃子をホテルで美味しくいただきました。

子どもたちは昨年GWの上海から1年ぶりの飛行機。今回は事前に漢方を飲んで、耳栓して、飴ちゃん舐めて完璧です。

香港空港からフェリーでマカオへ。飛行機の乗り継ぎのようにチェックイン。

眠らない街マカオ、夜は雨で街歩きはせず。パパと天天は散歩へ。
ミシュランのレストランでご飯食べてホテル内で遊ぶだけで時間があっという間に過ぎました。

平日2日を挟んでの今年のGW、有休取らずに働きます。

前半は習い事や私の通院や買い物もして、ゆっくり過ごしました。

ゆっくりといってもお出かけ好きな子どもたちにもサービスを。
暑い日には公園で水遊び、夜はパパと観覧車に乗りました。
近くでたまたまプリキュアのイベントもあり、娘はプリキュアと一緒に写真も撮れました。
さて、2日間だけ仕事して、後半に向け準備をしなくては。

最近保健室からの連絡が数回あり、熱で早退したりと絶賛不安定中の天天です。繊細な天天は新しい環境でなかなか大変なのかもしれません。
そんな中家庭訪問があり、新任の先生がやって来ました。もうほんとやめたらいいのに家庭訪問。家での様子が知りたいなら私が学校行きますから。
とりあえず学校では先生にべったりな様子の天天、甘え上手なのか何なのか。
娘は年中クラスで絶好調、昨日はタケノコ掘りに行きたくさん掘ったと報告してくれました。しっかりしてきて頼りになる娘、口が悪いのがたまにキズ。

二人がママへと選んでくれたフクロウのお茶碗。割れてしまうかと使う勇気がまだ出ず。
仕事も4月から新年度開始、改革していくことや、出張予定も出始めました。冬の間くすぶってた分、頑張らないと。

最終日は朝ごはん前に近くのクリフを見に。

すごく神秘的でした。
そしてリッチにコースの朝ごはん。

アラフォーは時にリッチにいきましょうと。
空港のカフェでは指ハートのムーミンを発見、ゲット!
今回は4人の見たいものが多くて、プランしていくとあっという間の4日間でした。
スーツケースに旦那がこっそり忍ばせてた手紙も中国語だったので後でゆっくり読みました。ありがたい。

3日目の朝ごはんは、ローカルなカルグクスを。私はお粥気分でアワビ粥セレクト、めちゃうま。
横のベーカリーで気になっていた韓国の「そぼろパン」を発見。

世界遺産の漢拏山に登るので、頂上で食べようと購入。

登ったけど2人途中下山。もちろん私を含め。下山してそぼろパン食べました、美味しすぎ。
普段からエクササイズしてる後の2人は余裕でその後下山してきました。まだ物足りないみたい。

行っとかないと!と思ってたGDカフェ、とりあえず高すぎてビックリ。こだわりはよくわかりました。

早めの夕ごはんはまた黒豚にカルビに、マッコリ。自由時間の後はシメのチキン+ビール。
最後の夜のパーティでした。

2日目は多忙スケジュール。
朝ごはんはワカメとウニのスープ。
そしてぶらぶら歩いてインスタ映えするという噂のスタバへ。

そして滝へ。

その後はテラロサカフェで寄り道。

菜の花フェスティバルへ。

そして城山日出峰。

すごい風で寒いしもう疲れたーってことで夕飯。

絶品でした。その後帰ろうと車に乗ると、なんとタイヤがパンク。トラブル時は韓国の友達がいて本当に良かったと思います。

済州の女4人の旅。私が一番最後に済州に合流、レンタカーを借りてホテルがあるエリアまでの移動途中で風車を見に行きました。
あいにくの曇り空、それよりも強い風に凍えそう。

ホテルは西帰浦エリアで1時間のドライブで到着。
夜ごはんは黒豚。

並んだのもあって激ウマ。
明日のプランを立てながら喋り倒した夜でした。

昨年までは三ヶ月毎に大連出張があったので、ソウルの仲良しの同僚とはいつも会えていたのが、今年からそれもなくなり「ソウルに行った時に会えるから」と思っていたけど、いや、違うところで会おうという展開になり、旅が決定しました。
すると東京のすでに辞めた元同僚も、他の仲間も加わり、四人済州島で落ち合うことに。

私は自称、周りに友達が少ないのですが、海外にいる数少ない友達とも、離れていても世界のどこでも会えるんだ、という事実が支えになります。
普段顔を見て話すことはない友人達、観光よりも彼女たちに久しぶりに会えるのが何より楽しみ。
子供たちはママがいない時にしかできないこと、が久々にできるのでそれなりに楽しみのようです。
たくましいもんだ。


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Our anniversary

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM