きっとどの国でも女性の歴史は、時代を遡れば多くの屈辱や理不尽さや、哀しみをはらんでいるような気がします。
今でも女性蔑視が強く残る場所はあるでしょうが、それでも長い時を経て、今私が生きるこの時代この国では、幸い「女に生まれたこと」を恨んだことはありません。

初めてのベトナム映画で、女性監督の作品。女として生まれたことで待っている運命、女性の哀しみと強さ。背景の美しい自然の中で際立つ主人公の目力。
日韓中の歴史に出てくる一夫多妻では、妻同士の争いが大きな軸となるのが、この映画では全くなく、そこを焦点としていないのが新鮮でした。
ラストは「大きくなったら男になるんだ!」と夢を見る幼い女の子が自ら長い髪を無心に切り落とすシーン。
やっぱり過去の女性の歴史を知ることは大事だと思います。そして今、未来にある女性のポジションを見つめ直す機会になるはずだから。
残念ながら日本は、女性のポジションにおいては中国に及ばず。でも未来は明るいと信じています。

会社にまたやってきた大きな波、そろそろ新しい組織図が出そうです。
そして待ちに待ったポジションの応募者を選考しています。私は最終面接を任され、大阪なので電話面接を。
経歴もスキルも素晴らしい人が中にいたので、早くオファーが出ればいいなぁ。
新しいメンバーが入るのは、新鮮な風を部屋に入れるように、チーム内の空気がガラッと変わります。なんだかワクワク。
同僚が長期休暇を経て復帰、彼女がいない4ヶ月間は私は忙しかっただけでなく精神的にも余裕が持てませんでした。
彼女が復帰したからといって仕事がなくなるわけではないのですが、無理せずペースダウンしようと心に決めました。身体に耳を傾けてみよう。
早速休暇1日とってお出かけしてきました。

以前天天と仲良しHちゃんと梅田に行った時、興味ないのにすみっこカフェに付き合ってくれた天天。図がまるでHちゃんとのデートのようで、将来を想像したりして。

娘の通う保育園では毎月避難訓練があり、地震、火災、防犯の中から予告なしで行われます。
先日は毎年恒例の消防車に乗って消防士さんが指導に来てくださり、消防車の見学などもさせてくれたようです。
そして今日は防犯訓練。警察署から防犯の指導に来られたようです。
園内は安全かと思っていたけど、シナリオ「園庭に変質者が侵入」と聞いて、ありえるなと思ったのです。
基本園内はカードキーがないと入室できませんが、園庭と駐車場の境目はフェンス、本気出せばよじ登れるんだ。
先生の合図で一斉に避難、どのような行動を取るべきなのか、警察の方といくつか約束ごとをしたようです。
物騒な世の中、最近女の子が行方不明になるニュースを見るたび怖いです。
その時行動を取れるかどうかは訓練にかかっています。おうちでも復習で子供たちとは時間をとって話していこうと思います。

蟹のハサミで指を挟んで「きゃー痛い!」天天も小さい頃必ずやってました。

もうすぐ二学期も終わります。恒例の個人懇談がありました。
今年は珍しくベテラン教師が担任で、しかも小四ともなればあんまりトラブルも起こらず?なのか、心配事なく過ごしてるので相談することゼロで臨みました。
予想通り、トラブルなくお友達と楽しく過ごし、授業もおとなしく聴いていると(当たり前だ)。前半は強い女子達にちょっかい出されることを嫌がって先生にも相談してたみたいですが、それも少なくなったそう。
ベテラン先生「いや、天天は何というか、可愛らしくて愛されキャラなので、どうもいろいろ…」と言葉を選んでおられました。いや、これはキャンプでもスタッフさんも同じコメントだったので、そうなんでしょうね。

仲良しの女の子のおかげでいろんな経験をさせてもらってます。

そういや、旦那の上司が「裏表ないしとっつきやすいのでお客さんに可愛がってもらってる」と旦那のことを褒めてたので、きっと天天はそんなキャラを受け継いだのだと思います。

最近は嫌がらず勉強するしチャレンジ精神も出てきたので、密かに今がいろいろ伸びる時期なのかなぁと観察中。背も早く伸びて。

リンクス梅田が先週オープン、そしてそこに期間限定のこびと百貨店ができたのでお友達と行ってきました。お目当てはコビト研究家さんのサイン会。
オープン前から並んで買い物して整理券ゲット。

とてもいい記念になりました。子供たちの質問にも気さくに答えてくれ、天天はもう尊敬の眼差し。

幸運を呼ぶコビトのフィギュア。ほんとだろうな?
偶然すみっコぐらしのカフェもオープンしていたので、スイーツも食べて、もう大満足。
急いで帰って2人とも体操教室へ。
夕食はハイアットで蟹の食べ放題でした。
珍しく朝から晩までめいいっぱいのスケジュールでも元気な子供たちでした。

先日市内の中学校で制服が変わり、スラックスとスカートが選択自由になったとお知らせがありました。
制服と言えば、女子はスカート、男子はスラックス。
私が小さい頃、仲の良かったお友達にズボンしか穿かない男勝りな女の子がいました。小学校を卒業し中学生になる頃、制服のスカートが嫌だと辛い様子でした。
そして今、天天の仲良しのお友達も同じで、来年からの制服に悩んでいると、お母さんも困った様子。
「どうして女というだけで、スカート必須なのか」恥ずかしながら、今やっと制服のあり方に疑問がわく自分。
校則と個性、相反する価値観に摩擦が生じ始めています。特に「出る杭は打たれる」日本で、個性を発揮する風習に変えるのは大変なこと。
大勢が潜在的に持つバイアスと新しい価値観の狭間で、人が生きやすい世の中が一番だってことはシンプルに理解するのに「変える」ことを怯えるのも人なのだ。

教えてないのに母性を発揮する娘。
「女だから就けない仕事はお相撲さんだけ」と自信を持って娘に言えない自分。
身につけるものも、職業も、性別にとらわれない世の中を実現するのはいつになるだろう。

今年もあと1カ月、珍しく見たい映画が重なって目標3つ、娘と見る予定のが2つあります。
娘が好きな「すみっコぐらし」と「アナ雪2」に連れてく予定。
そして私が狙う映画は全てマイナーシネマで、それぞれ中国、ベトナム、インドの映画。
中国のは4時間らしく、なかなか思い切りが必要です。字幕なしならダウンロードして自宅で観るんだけど、どうしようかなぁ。

毎年あるインディアンムービー祭り。インド映画ってハマる人はハマるらしい。
最近旦那も忙しく夜遅いので、子どもを任せて仕事後に見に行くわけにもいかず、というか忘年会の日程でさえ決めれない状態。
これじゃ全部制覇は厳しそう。あ〜あ、スッキリしないまま、忘年しないまま今年も終わるなんて嫌だ!

昔から冷え性のわたし。特に末端冷え性で指先が凍るのですが、ここ数年は脚用の空気圧マッサージ機のおかげか、しもやけにはなってません。
それでも冷える…床暖房を入れてますが冷える…。何やら内臓を温めると血液循環もよくなり冷えに効くと。
湯たんぽが気になり早速お腹に当てて内臓を温めます。

お湯を入れない湯たんぽも湯たんぽと呼ぶ不思議。
充電式でお手軽です。
実は昔大連で使っていた電気あんかで低温やけどをし手首に大きなやけどの痕が残っています。なのでこの手の暖房器具には警戒心あり。
この羊のメリーちゃんは、そこまで高温にはならないし、温度も下がる一方なので寝る前にお腹を温めるだけに使用したいと思います。

夏が終わると土曜日も出勤のパパ、最近は平日も残業に追われ子供達が寝てから帰宅する日々。
唯一のお休みの日曜日、それでも週末のご飯担当は引き受けて朝から買い物へ。
ランチの後は約束どおり、天天と山へ小人探しに出かけました。

私は娘の希望で、自転車で公園やお買い物へ。ちゃっかり巾着にオヤツを忍ばせ、休憩するたびにオヤツを頬張るの巻。公園で10周してからまた移動。
喘息が続いてる私は走れないので、早歩きで娘を追いかけますが、さすがに後半は辛くなって帰宅。
子どもたちにめいいっぱいハグして充電する旦那を見て、こうゆう時間がお互い不可欠なんだと実感したのでした。

天天が夢中なコビト探しですが、ここ数ヶ月まだ続いております。
どこへ行っても、公園のみならずお友達のお家の庭や、原っぱ、スーパーまで。

昔から空想少年だった天天、大きくなってゲーム好きになってから空想は落ち着いたかなぁと思ってた矢先。
「伝説の妖精が本当にいるなら、サンタもいるのかも、本当は。」とマジな顔でサンタさんまで信じようとしてるよ。
私はなぜか必死に「いや、サンタなんていないって!」と現実に引き戻そうとしたりして。
探す工程が楽しいのか、見つかるかも〜というワクワクが楽しいのか、納得するまで意地になってるのか、本当のところはわからない。
けど「コビト」という、私の人生これまででかすりもしなかった存在に夢中になる血を分けた息子を見ていると、コビトを妖精と呼ぶ息子を見ていると、これはこれでアリなのかなと。
私になかった探究心と好奇心いっぱいの天天を誇りに思ったりして。研究の第一歩だとポジティブに捉えることにした母です。


PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Our anniversary

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM